お問合せ専用フリーダイヤル平日/10時から16時
お問合せ専用フリーダイヤル0120-555-857
ご注文専用フリーダイヤル年中無休/9時から21時
ご注文専用フリーダイヤル0120-417-697

送料540円(一部地域除く) 6,000円以上送料無料

成長サプリメント LINEサプリメント相談室

大豆プロテインまとめ

大豆プロテイン商品ページ

大豆プロテイン基本情報

もっと見る

大豆プロテインNEWS

もっと見る

大豆プロテインよくある質問

太ってしまったのですが

ダイエットで体重を落とすには、摂取カロリーを減らすか消費カロリーを増やすしかありません。
食べる量を減らすか運動量を増やすかということになります。
しかし、単純で簡単だからと食べる量を減らすだけでは、一時的に体重を落とす事はできてもそれだけではリバウンドをしてしまいます。

軽いダイエットの場合は、タンパク質を数回に分けて摂取するのがおすすめです。食事前にプイロテインを摂取すると満腹感が得られますので結果、食事量を減らす事ができます。
もちろんプロテインを飲んだ後にいつもと同じ量の食事を摂ってしまうと、オーバーカロリーになるのでお気をつけください。

1食置換えは夜ご飯がオススメです。
朝と昼は食べてから活動する時間になりますので食べたカロリーも動く事で消費されやすいからです。

オススメはフルーツを一緒に摂取する方法です。
ミキサーでフルーツと一緒に摂取することでビタミン類も摂れますし、特にビタミンCはタンパク質であるアミノ酸の合成やコラーゲンの合成のサポートをします。

たくさん摂ってもいいですか?

タンパク質は人間にとって必要不可欠なものではありますが、偏った摂り過ぎは体によくありません。どんな栄養素においても同じことが言えます。人間に必要なたんぱく質の量は、運動をしない人の場合、体重1kg当たり約1gと言われています。
運動する人は運動量にもよりますが、約1.2~1.8gとたくさん必要になってきます。もし、タンパク質を毎日必要量の2倍以上摂っていたら摂り過ぎと言えるでしょう。これは個人個人によって生活スタイルや運動量も変わってきますので、自分自身の摂取目安はどれくらいか確認していくことも大切です。

取りすぎると、尿素となって尿から身体の外へでていきます。ここで注意しないといけないのが、身体の外にでるから大丈夫!と言うことではないのです。排出するものが増える分、日々体の状況に応じて尿を作る臓器の仕事が増えるわけで「休むまもなく疲れてしまう=負担がかかる」ということになるのです。

もう一つは、タンパク質は糖質や脂質に比べれば太りにくい栄養源ではありますが、最終的は糖質とほぼ同じだけのエネルギーを生み出します。そしてこのエネルギーが余ってしまえば、体脂肪として体に蓄えられることになるのです。つまり必要以上にタンパク質を摂りすぎると、筋肉以上に体脂肪が増えてしまう危険もあるということです。

これはどのサプリメントにおいても言えることですが、闇雲に大量摂取しても意味がない。ということは知っておくことが大切です。

 

忙しすぎて食が細くなるとあっという間に痩せてしまいます。 太るのに良いのはないでしょうか?

食が細い方は全体的にエネルギーが足りていない事が多いので
たんぱく質以外にも炭水化物、脂質を積極的に摂る必要があります。

中でもたんぱく質は筋肉の材料となりますので摂取をオススメします。
ですが、プロテインを摂取することで食事量が減ってしまっては逆効果ですので
普段の食事にプラスしてプロテインを摂取する事で、単純にカロリーが増えるので太ります。

大豆プロテインもホエイプロテインもどちらもたんぱく質であることに間違いありませんので原料(大豆が乳か)のお好みとなりますが、ホエイプロテインにはアスリートをサポートするBCAA(アミノ酸)がより豊富に含まれていますのでスポーツをされている方にはホエイプロテインをオススメしています。
また、ホエイプロテインは吸収も早く比較的体重が増えやすいといわれています。

特に運動をされていないない場合は大豆プロテインでも十分にたんぱく質が摂取できます。
太りたい場合は睡眠1時間から2時間前に摂取することをオススメします。
睡眠直前は消化器官に負担になりますのでご注意ください。

 

プロテインを摂ると腎臓に悪い?

プロテインとはたんぱく質です。食事で摂ったたんぱく質+サプリメントで摂ったたんぱく質を見直してみてください。

たんぱく質は炭水化物や脂質のように体内に蓄えることができません。過剰に摂ったたんぱく質は尿として出ていきます。そのため摂りすぎが続くと尿をつくる腎臓に負担がかかってしまうのです。また、腎臓機能が低下している場合は一旦摂取を控えてください。

しかし、不足すると体を構成するたんぱく質が分解されて不足分を補うため体力や免疫力が低下しますので過不足なく適度に摂取することです。

 

もっと見る

プロテイン置き換えダイエット