お問合せ専用フリーダイヤル平日/10時から16時
お問合せ専用フリーダイヤル0120-555-857
ご注文専用フリーダイヤル年中無休/9時から21時
ご注文専用フリーダイヤル0120-417-697

送料540円(一部地域除く) 6,000円以上送料無料

中学生とアルギニン

2016年11月18日

中学生は成長のラストスパート


身長を伸ばすということ、成長をするということは、身体の中のいろいろな要素が絡み合っています。遺伝であったり、環境であったり。
しかし、唯一言い切ることができるのは、いつまでも際限なく、背が伸び続けるわけではないということです。
子どもが中学生になると、もう成長に関してはラストスパートになってしまう年齢に差し掛かっていることを意識しなければいけません。

 

女の子は背が伸びなくなる子が大半


chugakushincho2女の子の場合には、早い子になると、すでに成長は止まってしまう場合もあります。
中学生になると、男の子も女の子も思春期を迎えはじめます。女の子は早い子供で小学生5年生くらいから迎えることもあります。
思春期を迎えると子どもは身長の伸びは今までと違い、格段に遅くなってしまいます。
女の子の思春期は男の子に比べてはっきりしていて、初潮が思春期の始まりの目安になります。
もちろん個人差がありますので20歳になってもまだ背が伸びるという子どももいます。 しかしながら、全ての子どもが20歳まで成長するわけではありません。

 

男の子のほうが思春期が始まるのが遅い


chugakushsincho3一方男の子は中学生に入ってから思春期に入ることがほとんどです。
女の子と男の子の思春期を迎える時期が違い、女の子のほうが早くはじまることから、まだ始まっていない男の子がまだ身長を伸ばし、背の高さを逆転するのです。
親にとっては、小学生くらいで背が低くてもまだ背が伸びると思って将来へ期待し、手をうつのが後回しになってしまうことが多くあります。
中学生になってから、身長が低いため心配して病院にいっても「遅すぎる」と言われてショックを受けたという人はたくさんいます。
にもかかわらず、いつかきっと成長すると思って、成長について本気で考えるのが遅くなりがちなのです。
「まだ伸びるんじゃない?」という不確かな希望をもって、終わりのある成長期をムダにしないように、できるだけ早く背を伸ばす施策打たなければいけません。

 

成長の栄養素アルギニンをしっかりと摂取して


まずその一つとして、しっかりと成長のための栄養素すなわち「アルギニン」を摂取して欲しいと思っています。
アルギニンはアミノ酸です。アミノ酸というのはタンパク質を構成していますので、「良質なタンパク質を食べる」それがアミノ酸に変わることによってアルギニンとして身体に取り入れることができます。
たん白質はいわゆる、肉や魚、大豆などに入っている成分です。
しかしここでは、たんぱく質が分解してアルギニンになることを待つより、ピンポイントでアルギニンを摂取することをお勧めします。
なぜなら成長は時間との闘いだからです。

 

アルギニンとは


タンパク質の中のアルギニンという成分が成長に関わっているため「お肉をよく食べなさい」「卵よく食べなさい」と言われると思います。 これはアルギニンを摂取してほしいからです。 中学生になると成長の伸びがいつ止まってもおかしくありませんですのでアルギニンを早く摂取し始めてください。
アルギニンは成長ホルモンを作り出します。成長ホルモンとはその名のとおり、成長のときに必要なものなのです。
そのため、子供の時にはかならず食べなければいけない栄養素として「アルギニン」が必須アミノ酸に入っています。

 

いつまで背が伸びるのか?


いつまで子どもの成長が続くのかと「具体的に何歳まで?」とよく聞かれますが、それは個人差があります。
具体的にそれを知るためにはレントゲンを撮って確認するしかありません。 自費でレントゲンをとるとなると大変高額です。万が一、怪我をしたりしてレントゲンをとる機会があればその時に、医師にまだ背が伸びる余地があるのかどうか聞いてみるといいかもしれません。
レントゲンで見るのは、骨と骨の間の隙間があるかどうかです。この隙間があると、骨が伸びる=背が伸びる可能性があるのです。
しかしレントゲンも角度によって変わりますし、時には、医師の見解が変わってしまうこともありますが。。。

 

思春期が来るのを遅くする方法


chugakushincho4さて、先程思春期が来て1~ 2年で成長が鈍化すると言いました。思春期は誰にでも訪れますのでコントロールが出来ないといわれてきました。しかし、ここで1つだけ朗報があります。思春期を後ろに倒すことが出来るかもしれないのです。
その方法は簡単。「睡眠時間をしっかりととる」こと。
睡眠時間が短い子供は思春期が早く来ると言われています。それは睡眠中に成長ホルモンが出ているからです。
成長ホルモンが出ると性ホルモンが出るのが遅くなるそうです。
中学生では目安として約9時間くらいの睡眠はほしいところです。塾などの習い事に忙しい時期になりますが、できるだけ睡眠時間は確保してあげてください。
中学生の成長は時間との戦いですので、サプリメントなどピンポイントでラストスパートの成長期をサポートしてあげて下さい。