お問合せ専用フリーダイヤル平日/10時から16時
お問合せ専用フリーダイヤル0120-555-857
ご注文専用フリーダイヤル年中無休/9時から21時
ご注文専用フリーダイヤル0120-417-697

送料540円(一部地域除く) 6,000円以上送料無料

ホエイプロテインを飲むタイミング

ホエイプロテインとはどんなプロテイン?

ホエイプロテインは牛乳から作られたタンパク質です。
アミノ酸スコア100と言う理想的なタンパク質で知られています。
理想的なタンパク質のため、アスリートだけではなく、ダイエット、美容など様々な目的で使われています。


アミノ酸スコアとは
必須アミノ酸は、毎日の食事から必ず摂ることが必要とされるアミノ酸です。この必須アミノ酸がバランスよく含まれているほど、理想的なタンパク質とされいて、アミノ酸スコアと呼ばれる指標であらわされています。
このスコアは100までの数字で表され、100に近づくほどバランスの良いタンパク質だという指標になっています。

 

 

 

 

ホエイプロテイン(プロテイン)が必要な理由

プロテインは体70%を作っている成分です。特にスポーツやトレーニングしている人たちは、運動していない人たちよりもより多くのタンパク質が必要になります。
色々な栄養素のバランスは大切なのですがビタミンやミネラルだけではなくタンパク質はエネルギーにも利用されてしまうためより多くの栄養摂取を心がけなければいけません。

 hproteintimeing2

 

 

 

市販されているプロテインの種類

販売されているプロテインには大きく分けて二種類のタイプがあります。
ひとつは、タンパク質が必要なタンパク質含有率が80-90%と高いタイプのプロテインです。
もう1つは栄養のバランスを考えて、ビタミンやミネラル、糖質などを配合したタイプのプロテインです。
成分表を見ると、そのプロテインがどのようなプロテインか分かりますのでしっかりと成分をチェックしてください。
あまりありませんが、無添加のプロテインは余計な味付けなどもされておらず特にオススメです。

 

 

 

 

プロテインを飲むタイミングは目的による

プロテインを飲むタイミングは目的によって違います。

運動の補助として飲む場合、ダイエットの目的として飲む場合、運動はしないけれどタンパク質を補うという形、どのようなパターンでプロテインを飲みたいのでしょうか?
自分の目的を意識して、上手にプロテイン飲むタイミングを変えましょう。

 

筋肉をつけるためにプロテインを飲むタイミング

hproteintimeing3筋肉をつるためにプロテインを飲みたいのであれば、プロテインを飲むだけではダメであることを知っていてください。
トレーニングをする必要があるのです。

筋肉は運動せずにつくものではありません。必ずトレーニングが必要なのです。
トレーニングの激しさによりその激しい運動に耐えれるだけの体を作ろうとします。


そのためよりハードな運動すれば筋肉はより多く損傷しそれに見合うだけの筋肉を作ろうとする働きがあるのです。


筋肉のつくメカニズムとしては


運動をする→筋肉が損傷する→★プロテインを飲む→リカバリーする→運動に見合ったからだが作られる


というメカニズムを繰り返し、強くしなやかなカラダが出来るのです。
それでは本題の、筋肉をつけるためにプロテインはいつ飲めば良いのでしょう。基本的には練習した後にプロテインを飲むと良いでしょう。
筋肉の損傷をリカバリーする際に、プロテインが働いてくれるようにするためです。

 

スポーツのために飲むプロテインをタイミング

まず、スポーツをしている最中にはプロテインは必要ありません。運動中に必要なのは水分やエネルギーです。
そのため練習中試合中にプロテインを摂取する必要はありません。


もしなにか栄養を摂取するのであれば、糖質や水分を補給して、運動のパフォーマンスを保ってください。


では、スポーツのためになぜプロテインを飲むかというと、主な目的は、スポーツの後の体の損傷をリカバリーするためです。
ですので、筋肉をつけるために飲むタイミングと同様に、運動後に摂取すると良いでしょう。
より激しい運動に見合った体が作られていきます。特に、損傷を修復するのは夜寝ているときです。睡眠もしっかりととってくださいね。

 

ダイエットのために飲むタイミング

昔のイメージではプロテインといえば、ボディービルダーが飲むようなイメージがあったのですが、最近では「プロテインダイエット」という言葉も定着し、プロテインがダイエット時にも重要であるということが知られるようになりました。


体重をコントロールするには何も食べなければいいと言うわけでもありません。
必要な栄養素を摂取すること、そして適度な筋肉量を増やしていくことで体のボディーラインを整ってくるのです。


ダイエットのために飲むのは食事の前に飲むことです。
食前に飲んでお腹を膨らませることで満腹中枢を刺激し食事の量を抑えることが目的です。
カロリーの低い水などにプロテインを溶かすことがオススメです。


参考図書 勝つカラダを作る プロテインBOOK 監修 杉浦克己