お問合せ専用フリーダイヤル平日/10時から16時
お問合せ専用フリーダイヤル0120-555-857
ご注文専用フリーダイヤル年中無休/9時から21時
ご注文専用フリーダイヤル0120-417-697

送料540円(一部地域除く) 6,000円以上送料無料

ビタミンCと美容

いつまでも美しくありたいすべての人に

いつまでも若々しく、きれいでいたいと思うのは女性なら当たり前かもしれません。
最近では、女性だけではなく、カッコよくありたい、男性の方も沢山いますね。

元気で若々しくいたいのは、誰もがもつ共通の願いです。
ところが加齢やストレス、紫外線などのせいで、この若々しさをキープするのは難しいというのも悲しい現実です。 きれいで若々しく、元気でいるために、ビタミンCを上手に活用してみてはいかがでしょうか?

ビタミンCは健康で美しく生活するための私たちに深く関わる栄養素です。

 

 

ビタミンCって?

一番有名な栄養素である、「ビタミンC」。
誰でも一度は聞いたことがあると思います。 もう一度改めてビタミンCについてどんなものかまとめてみました。

ビタミンCの基本

 ビタミンCは別名アスコルビン酸と呼ばれます。
 水溶性のビタミンで、水に溶けてしまいます。 ほとんどの哺乳動物は体の中でビタミンC合成することができるのですが、人は体の中で合成することはできません。(合成できないのは、サル類、モルモットなど少数派だそうです)
しかし、ビタミンCは人間にとって不可欠な栄養素です。

そのため、食事からの補給が必須の栄養素なのです。 そんな重要なビタミンCの働きは、とても幅広いものです。

ビタミンCの働き

vcbiyo4ビタミンCは人間の生命活動に不可欠な栄養素で、科学的根拠や医学的・栄養学的に広く認められているため、1日あたり24mgから1000mgの含有で「栄養機能食品」として利用されています。

簡単にビタミンCの働きをまとめると栄養機能食品として表示されるとおり、

「ビタミン C は、皮膚や粘膜の健康維持を助けるとともに、抗酸化作用を持つ栄養素」
なのです。

 

ビタミンCはシミやソバカスの原因となるメラニンの生成を抑えます。
シミやソバカスはメラニンがそのまま排出されずに表皮に残ったものを言います。このメラニンを還元して色を薄く出来るのがビタミンCであり、さらに、メラニンが作られるチロシナーゼの酵素の働きを阻害して、メラニン自体の生成を抑制してくれます。

 

ビタミンCは 体内のコラーゲンの合成のときに、必ず必要な成分です。
コラーゲンを体の中で合成するときに必要な酵素の働きを助ける、「補酵素」として働きます。 そのため、ビタミンCが足りなければコラーゲンを合成することはできないのです。

 

人は呼吸をするときに、酸素を取り入れます。その酸素は「活性酸素」と呼ばれる物質に一部変わります。 この活性酸素は、強い酸化力をもっていて、体内のウィルスを撃退したりするのですが、あまりにも強力なため、自分自身の体の中のDNAやタンパク質を自ら傷つけてしまうことがあります。 この、活性酸素の働きを弱めてくれるのが、ビタミンCで、このことを「抗酸化作用」と呼びます。

 

これら以外にも、イライラや睡眠不足、タバコから体を守るためにビタミンCは体内で利用されています。
タバコは若々しさを保つために必要なビタミンCを破壊するといわれています。1本のたばこが25mgのビタミンCを消費するといわれています。

 

 ビタミンCが多い食品

vcbiyo3フルーツでは、レモンやイチゴ、キウイなどに多く含まれます。すっぱいものに多く含まれると思われがちですが,柿のような甘い果物にもたくさんのビタミンCが含まれています。

野菜では、トマト、ブロッコリー、ほうれん草などの緑黄色野菜のほか、れんこん、さつまいも、じゃがいもなどの根菜やゴーヤ、パセリなどにも多く含まれます。

飲み物ではローズヒップティーに多く含まれるのでティータイムのときなどにおすすめです。

 

ビタミンCと一緒にとりたい成分は?

vcbiyo5ビタミンCはとても壊れやすい成分です。その、ビタミンCを安定させるために有効な栄養素として、「ビタミンP」が注目されています。 ビタミンPはミカンなどに含まれている成分です。

ビタミンPはビタミンであるとして名づけられましたが、厳密にはビタミンでないことが判明しました。
そのため今はミカンなどに含まれるヘスペリジン、そばなどに含まれるルチン、たまねぎの皮などに含まれるケルセチンなどをあわせてビタミンPと呼ぶことがあります。

 

ビタミンCとあわせて、ビタミンEは抗酸化作用のあるビタミンです。
脂溶性の活性酸素から体を守ってくれます。そして、ビタミンCはビタミンEをもう一度よみがえらせ、働きを助けます。

 

おすすめのビタミンC補給方法

vcbiyo6ビタミンCは熱に弱いため、火を通すと壊れてしまうので食品から大量に摂取するのはなかなか難しいとされています。

しかし、じゃがいもやさつまいもなどに含まれるビタミンCはでんぷんに守られるため、ビタミンCは壊れにくいといわれています。

冷たい野菜が苦手な方にはじゃがいもなどでビタミンC補給をするのも良いでしょう。 またビタミンCは身体に貯蓄することはできません。尿となって、体の外に排出されてしまいます。 なかなかビタミンCを補給できない人には、サプリメントなどを利用して毎日こまめに摂取するのがおすすめです。