お問合せ専用フリーダイヤル平日/10時から16時
お問合せ専用フリーダイヤル0120-555-857
ご注文専用フリーダイヤル年中無休/9時から21時
ご注文専用フリーダイヤル0120-417-697

送料540円(一部地域除く) 6,000円以上送料無料

成長サプリメント LINEサプリメント相談室

大豆プロテインに関するよくある質問

  • 太ってしまったのですが

    ダイエットで体重を落とすには、摂取カロリーを減らすか消費カロリーを増やすしかありません。
    食べる量を減らすか運動量を増やすかということになります。
    しかし、単純で簡単だからと食べる量を減らすだけでは、一時的に体重を落とす事はできてもそれだけではリバウンドをしてしまいます。

    軽いダイエットの場合は、タンパク質を数回に分けて摂取するのがおすすめです。食事前にプイロテインを摂取すると満腹感が得られますので結果、食事量を減らす事ができます。
    もちろんプロテインを飲んだ後にいつもと同じ量の食事を摂ってしまうと、オーバーカロリーになるのでお気をつけください。

    1食置換えは夜ご飯がオススメです。
    朝と昼は食べてから活動する時間になりますので食べたカロリーも動く事で消費されやすいからです。

    オススメはフルーツを一緒に摂取する方法です。
    ミキサーでフルーツと一緒に摂取することでビタミン類も摂れますし、特にビタミンCはタンパク質であるアミノ酸の合成やコラーゲンの合成のサポートをします。

  • 寝る前にプロテインを飲んでいいですか

    就寝直前にプロテインを摂取するのは避けてください。

    寝る前に摂取すると、胃腸に負担がかかってしまいます。体が消化に集中してしまうため睡眠の質も下がり、成長ホルモンも出にくくなります。また、プロテインにもカロリーがありますので太りやすくもなります。
    どうしてもと言う場合は、就寝前1時間はあけて摂取することをおすすめします。

     

     

  • 忙しすぎて食が細くなるとあっという間に痩せてしまいます。 太るのに良いのはないでしょうか?

    食が細い方は全体的にエネルギーが足りていない事が多いので
    たんぱく質以外にも炭水化物、脂質を積極的に摂る必要があります。

    中でもたんぱく質は筋肉の材料となりますので摂取をオススメします。
    ですが、プロテインを摂取することで食事量が減ってしまっては逆効果ですので
    普段の食事にプラスしてプロテインを摂取する事で、単純にカロリーが増えるので太ります。

    大豆プロテインもホエイプロテインもどちらもたんぱく質であることに間違いありませんので原料(大豆が乳か)のお好みとなりますが、ホエイプロテインにはアスリートをサポートするBCAA(アミノ酸)がより豊富に含まれていますのでスポーツをされている方にはホエイプロテインをオススメしています。
    また、ホエイプロテインは吸収も早く比較的体重が増えやすいといわれています。

    特に運動をされていないない場合は大豆プロテインでも十分にたんぱく質が摂取できます。
    太りたい場合は睡眠1時間から2時間前に摂取することをオススメします。
    睡眠直前は消化器官に負担になりますのでご注意ください。

     

  • プロテインを摂ると腎臓に悪い?

    プロテインとはたんぱく質です。食事で摂ったたんぱく質+サプリメントで摂ったたんぱく質を見直してみてください。

    たんぱく質は炭水化物や脂質のように体内に蓄えることができません。過剰に摂ったたんぱく質は尿として出ていきます。そのため摂りすぎが続くと尿をつくる腎臓に負担がかかってしまうのです。また、腎臓機能が低下している場合は一旦摂取を控えてください。

    しかし、不足すると体を構成するたんぱく質が分解されて不足分を補うため体力や免疫力が低下しますので過不足なく適度に摂取することです。

     

  • プロテインドリンクを作って持ち歩くことはできますか?

    基本的には、飲む直前に混ぜてください。
    混ぜておいておくことでタンパク質自体の栄養素がなくなるわけではありませんが
    混ぜるものによっては腐りやすかったり雑菌が増えてしまいお腹をこわしてしまう可能性もあります。

    朝に作ったお弁当を夜に食べて、大丈夫な人もいればお腹をこわしてしまう人もいます。
    また、気候天候によっても変化があります。
    粉末自体は高温多湿を避けていただければ持ち歩けますので飲む直前に混ぜていただくのがより安心いただけます。

     

  • サッカーをしていて、体が細すぎて体格が大きくならないのを気にしてます。

    基本的には食事量を増やすことで体格を大きくしていきますが、特にスポーツをしていると普段の食事だけでタンパク質を満たすことは難しかもしれません。ですので食事にプラスしてプロテインはおすすめです。持ち運びも便利ですし、腐らないのでスポーツのタイミングに合わせて利用できます。

    運動中に負荷がかかった身体を修復するためにはすぐに栄養補給が必要です。 運動後30分以内にタンパク質と糖質補給が必要です。ティーンズプロテインはタンパク質と糖質となる黒糖も含まれます。

    粉末を持参し運動後に水に混ぜて飲めるようにされてはいかがでしょうか。

  • 大豆プロテインに使われている大豆の遺伝子組み換えの有無を教えてください

    「大豆プロテイン」は遺伝子組み換えをしていない大豆を使用して作られています。種子の作付けから収穫、保管、運搬などの分別流通生産管理をしています。

  • 他社に比べてかなり安いのでは?

    弊社の大豆プロテインは「味付け」をしていないプロテインです。そのため、製造コストを抑えることができるため、お安くご提供させていただくことができる商品になります。

  • 飲むときで一番効率よく吸収される時間帯を教えてください。

    メーカーに確認しましたが、一般人に関しての摂取時期による吸収効率の知見はないとのことでした。

    運動選手やボディビルダーの世界では運動前が良いとか運動後が良いとか取り沙汰されているが蛋白→ペプチド→アミノ酸という順に分解されても吸収は遅いとのこと
    でした。

    一日三食摂取している一般人の場合は軽めの食事の時にプロテインを摂取すれば、腹もちもいいのではないか、とのことです。

    体系的に実証されているわけではなさそうです。

  • 動物性のプロテインと植物性のプロテインがあるようですが、どこが違うのでしょうか?

    たんぱく質の代表的な供給源は、肉、魚、卵、乳、大豆 ですが、この中で植物性のものは大豆だけです。

    一般的に、動植バランスをよく摂取することが推奨されるようですが、その意味では、積極的に大豆たん白をとることが必要です。

    たんぱく質の性能を評価する代表的な指標として、アミノ酸スコアや更に消化率を補正した消化率補正アミノ酸スコアがありますが、大豆たん白は卵や乳などと同様に、満点であり、植物性の中では稀有な存在です。

    風味は、一般的にはホエイプロテインの方が、大豆プロテインより良いと言われます。

  • どの程度の運動量で、どの程度のプロテインを飲めば良いでしょうか?

    目的によりプロテインの摂取量などは異なりますので、一概にこの量を飲めばいいということを提示することは難しいです。

    一般の方が体重1kgあたり1gの蛋白質(1日あたり)摂取するのが目安ですが、アスリートの場合は、概ね1.5~2倍量の蛋白質が要求されるようです。
    但し、過剰に摂りすぎると脂肪として貯蔵されるため、食事から摂取できる量などを考え、不足する分を補う形で摂ることが望ましいと思われます。

  • 美容のことを考えると(イソフラボン)、ホエイプロテインより大豆プロテインの方が良いでしょうか?

    寝ている間の たんぱく合成により肌の再生が行われますので、寝る前に たんぱく質もしくは吸収の早いペプチド体を摂取することが有効と思われます。

    特に、ホエイプロテインと大豆プロテインの違いは不明ですが、大豆中には、イソフラボン、サポニンなどを含みます。

  • 大豆プロテインでダイエットできると 聞いたのですが、どうやってやるのでしょうか?

    摂取エネルギーから消費エネルギーをひいた値がマイナスになることでダイエットができます。

    ただし、たんぱく質摂取量が減ると筋量が減り、基礎代謝が低下します。ですので、適正な たんぱく質や各種ビタミン、ミネラル、糖質、食物繊維がバランスよく補給ができ、エネルギーの少ないものが食事代替食品として市販されています。

    また、大豆たん白にはコレステロール調節作用、中性脂肪低下作用など脂質代謝に関与する蛋白成分を含みます。ダイエットに関連する研究は、カゼイ
    ン蛋白(乳蛋白)との比較において、数多くの報告されています。

  • プロテインはドーピングにひっかかるのですか?

    プロテインの原料は食品ですから、ドーピングの心配はありません。

  • プロテインは何と飲むのが良い?

    栄養強化を考えた場合は牛乳をおススメします。アスリートに必要なカルシウムなどを豊富に含んでいます。

    水とともに飲むのはカロリーを控える上では良いですが、少しの醜いかもしれません。

    その他、フルーツジュースやスポーツドリンクなどと一緒に飲むのもビタミンの補給を考えるとよいでしょう。

  • 子供に飲ませてもよいですか?

    プロテインは食品ですからお子様が召し上がっていただいても全く問題ありません。

    成人男性と10歳の子供が必要なたんぱく質は同量です。
    ですので、成長期の子供、特にたんぱく質が必要な運動をしているお子様には積極的に召し上がっていただいてもよいでしょう。

    しかし、子供の栄養素は食事から十分に取るのが大切です。
    あくまで、食事の補助として考えてください。

    特に、運動をしていない子供さんなどがあまり多くのたんぱく質を取りすぎると肥満の原因にもなります。

  • なかなか上手く溶けません。

    溶けやすくするためには、粉末に対して水分を増やしていただくのが一番です。
    水っぽさが気になる場合は豆乳や牛乳など水以外の飲み物に混ぜていただくと飲みやすくなります。
    少し面倒ですがミキサーで混ぜると完全に溶けて飲みやすいです。
     

    また、ヨーグルトやグラノーラなどの食品に混ぜると溶けて食べやすくなります。 

      
    ヘルシーベストのプロテインは少々溶けにくくなっております。
    理由は、余分なものが入っていないからです。
    溶けやすいと販売されているプロテインには溶けやすい原料が使われています。
    甘味料や保存料も溶けやすい原料です。

    ですので、溶けやすい粉末と一緒に混ぜると溶けやすくなります。

    オススメの溶けやすい粉末はというと水溶性食物繊維
    http://www.healthybest.jp/products/constipation/fiber/がオススメです。
    市販のココアパウダーも溶けやすいかと思います。

  • 筋肉をつけるための効果はどれくらいの期間摂取すれば出ますか?

    個人差が大きいのですが、早い人で2週間ほどで効果が現れるといわれていますが、通常3ヶ月ほど継続したほうがよいでしょう。
    筋肉は破壊、再生を繰り返して作られていきますので継続トレーニングと服用が必要です。また摂取する日としない日にムラがないほうがよいといわれています。

  • いくつかの粉末サプリメントを混ぜて飲んでも大丈夫ですか?

    健康食品はサプリメントですので、複数のものを同時に召し上がっていただいても大丈夫です。
    しかし、混ぜた状態で、保存すると、成分が反応を起こしてしまうことがあります。(たとえば、コラーゲンとビタミンCなど褐色に変色してしまいます)
    そのため、摂取するときに混ぜて御利用ください。

  • 何故安いのですか?

    弊社の商品は基本的には、100%の粉末原料をお客様のお手元に使いやすくしてお届けしています。
    通常であればそれから加工をしてサプリメントにするのですが、その流通経路をいくつも省くことができています。

    また、弊社のポリシーとしまして、身体は毎日栄養を必要としているのですから、
    継続して利用していただける価格でお届けしなければいけないと思っています。
    そのため、余分な広告などをすることなく、余計な印刷物や過剰包装をすることなくお届けし、コストを最小限に抑えているからです。

  • 大豆プロテインとおから粉末は同じですか?

    大豆プロテインはタンパク質の成分を91%まで引き上げるように製造されていますが、おからは豆腐を作った残りのものですので、無調整です。
    そのため、タンパク質は約23%となり、プロテインと比べるとタンパク質が3分の1以下になります。
    タンパク質をたくさん撮りたい方には大豆プロテインをお勧めします。

  • 妊娠中なのですがプロテインは飲めますか?

    妊娠中期から通常より1日+5g、末期では1日+25g、また授乳中は1日+20gと普段よりタンパク質が多く必要になる時期です(「日本人の食事摂取基準」タンパク質推奨量より)。バランスの摂れた食事を基本とし、プロテインを補助として摂取することは問題ありませんが一度、かかりつけ産婦人科主治医にもご相談下さい。

  • 1日2食(朝・夜)を置き換えたいのですが、それぞれ大豆プロティンは10gで良いのでしょうか?

    1日のタンパク質推奨量は体重1キロあたり1gとなります。

    タンパク質は、肉、魚、大豆に豊富に含まれています。(脂質やカロリーも同時に摂取することにはなります)その他の食品にも微量に含まれています。手のひら1枚分のお肉は約20gほどのタンパク質が含有されています。
    ※お肉の種類によってタンパク質量は違います。

    その食事量で足りないタンパク質をプロテインで摂取してください。
    ですので体重60キロで、お昼しか食べない場合は、1日約40g程度のプロテインを2回に分けて摂取してください。

    (大豆プロテイン40g中のタンパク質量約36.2g、ホエイプロテイン40g中のタンパク質量役30.4g)


    強度のトレーニングやスポーツをしている場合のタンパク質量は、通常の1.5倍~2倍量が必要といわれています。

     

  • プロテインを温めると栄養素が変わってしまうの??

    たん白質はアミノ酸が集まって出来ていて、
    立体的な形になっております。

    それが熱によって崩されアミノ酸がばらばらになり、タンパク質としての立体構造が崩れます。

    しかし、
    たん白質は、体の中でアミノ酸に分解され最終的、体に吸収されます。
    熱によってタンパク質の構造は崩れますが、
    それぞれのアミノ酸が熱で壊れるわけではありません。

    そのため、
    栄養自体は変わらないと考えても大丈夫です。

    ちなみに
    アミノ酸は100度の熱では壊れませんので、焼いたりしない限り料理として利用していただいても大丈夫です。

  • たくさん摂ってもいいですか?

    タンパク質は人間にとって必要不可欠なものではありますが、偏った摂り過ぎは体によくありません。どんな栄養素においても同じことが言えます。人間に必要なたんぱく質の量は、運動をしない人の場合、体重1kg当たり約1gと言われています。
    運動する人は運動量にもよりますが、約1.2~1.8gとたくさん必要になってきます。もし、タンパク質を毎日必要量の2倍以上摂っていたら摂り過ぎと言えるでしょう。これは個人個人によって生活スタイルや運動量も変わってきますので、自分自身の摂取目安はどれくらいか確認していくことも大切です。

    取りすぎると、尿素となって尿から身体の外へでていきます。ここで注意しないといけないのが、身体の外にでるから大丈夫!と言うことではないのです。排出するものが増える分、日々体の状況に応じて尿を作る臓器の仕事が増えるわけで「休むまもなく疲れてしまう=負担がかかる」ということになるのです。

    もう一つは、タンパク質は糖質や脂質に比べれば太りにくい栄養源ではありますが、最終的は糖質とほぼ同じだけのエネルギーを生み出します。そしてこのエネルギーが余ってしまえば、体脂肪として体に蓄えられることになるのです。つまり必要以上にタンパク質を摂りすぎると、筋肉以上に体脂肪が増えてしまう危険もあるということです。

    これはどのサプリメントにおいても言えることですが、闇雲に大量摂取しても意味がない。ということは知っておくことが大切です。

     

  • シニアなって最近筋肉低下が著しくプロテインを摂ることにしました。 運動は毎日30分から1時間。いつどのようにプロテインを摂るのがいいですか

    筋肉をつけるには今より少し負荷をかける運動も必要です。
    ウォーキングにプラスアルファしてスクワットを取り入れるなどすると筋肉がつきやすくなります
    スクワットが難しい場合は、ウォーキングに強弱をつけて大股で早く歩くことを意識する等試してみてください。

    飲むタイミングとしては1日の摂取量を運動後30分以内がベストです。
    多く飲めない場合は運動前に分けて摂取するのもいいでしょう。
    水や豆乳、牛乳に混ぜて摂取できます。

    また運動しない日にもコンスタントにプロテインをとることが大切です。
    食間に摂取するか、またはダイエットをしながらの場合は食事前に摂取すると食事量が減らせておすすめです。

  • イソフラボンは危険と聞きますが大豆プロティンは毎日飲んでも大丈夫ですか?

    大豆プロテイン自体に発がん物質が含まれていることはございませんが、過剰摂取により腎臓、肝臓に負担がかかります。
    それは、どの食品にもいえることで大豆プロテインに限った事ではございません。
    一日摂取目安量の上限値70〜75mg/日とされ
    食品安全委員会新開発食品専門調査会では、「大豆イソフラボンを含む特定保健用食品の安全性評価の基本的な考え方」において、特定保健用食品としての、大豆イソフラボンの安全な一日上乗せ摂取量の上限値を30mg(大豆イソフラボンアグリコン換算)としています。
    大豆プロテイン20gに含まれるイソフラボンは25mgになります。
    イソフラボンの消化吸収は個人差があると思いますが、大豆プロテインは過剰に摂取しない限りは毎日摂取していただけます。
    イソフラボンは、大豆製品にも含まれています。大豆製品を多く摂られている場合はよくお考えの上、大豆プロテインをご検討ください。

商品購入はこちら
大豆プロテイン(ソイプロテイン)

大豆プロテイン(ソイプロテイン)

美しい体を作るために、なくてはならない栄養素「タンパク質」です。美容成分も入った大豆プロテイン

2,996円(税込)
プロテイン置き換えダイエット