お問合せ専用フリーダイヤル平日/10時から16時
お問合せ専用フリーダイヤル0120-555-857
ご注文専用フリーダイヤル年中無休/9時から21時
ご注文専用フリーダイヤル0120-417-697

送料540円(一部地域除く) 6,000円以上送料無料

成長サプリメント LINEサプリメント相談室

美しくダイエットする方法

junge wirft basketball

美しくダイエットする方法
p2015_11_01プロテインとは【たんぱく質】のことです。
このたんぱく質は、炭水化物、脂質、とともに三大栄養素のひつつです。
身長を構成する、内臓や神経や脳、そして髪、爪、肌などなど、たんぱく質でできています。身体の実質を形づくるため、たんぱく質が不足すると組織はどんどん萎縮していきます。美しい体を作るときは、たんぱく質をしっかりと補給し、身体を新しいものから古いものへと入れ替えなければなりません。

 

たんぱく質が必要な理由 その1

運動して代謝を上げるためには、程よく筋肉をつけることです。運動すると筋肉は損傷します。そしてその損傷を修復してあげるのがたんぱく質です。筋肉をつけるにはいつもより付加のかかったトレーニングをして身体を損傷させ、その負荷に耐えられる身体を作っていくのです。古い身体から新しい身体へのサポート役なのです。
運動量の多い人にはいつもよりたんぱく質が多く必要
になります。通常の食事だけでは補給しきれないたんぱく質をプロテインサプリメントなら低カロリーで補給できます。

 

たんぱく質が必要な理由 その2

たんぱく質が豊富に含まれるお肉やお魚はたんぱく質が多いのですが、脂が多くてカロリーが高くなってしまいます。脂のとりすぎは様々な不調も起こってしまいます。そのため脂分を極力減らしカロリーを下げてなおかつたんぱく質を補給したいときはプロテインを使って補給するのが賢い方法です。

 

 

どんなプロテインが良い?

プロテインは20種類以上のアミノ酸が鎖のようにつながってできたものです。そして、必須アミノ酸と呼ばれる身体では作ることができず、食べ物から補給しなければいけないアミノ酸が9種類あります。その9種類をバランスよく含んだものほど「理想的なプロテイン」と言われています。
その中で手ごろな価格で手に入れやすいのが「ホエイプロテイン」と「大豆プロテイン」です。

どちらのプロテインもたんぱく質には適していますが、しっかり運動をしてダイエットをするのであれば、身体の修復をしてくれる「ホエイプロテイン」
女性らしさを保ちたいのであれば美容成分の多い「大豆プロテイン」がおすすめです。

 

いつ飲めばいい?

飲むタイミングでオススメなのは食事の前。
食事の量を減らす為に、まずプロテインを飲んで空腹を満たしてから食事を減らしてあげてください。もちろんプロテインを飲んだ後にいつもと同じ量の食事を摂ってしまうと、オーバーカロリーになるのでお気をつけください。
身体の修復を考えるのでしたらスポーツをした後すぐに補給すると良いでしょう。

 

どのくらい飲めばいい?
 

1日のたんぱく質摂取量の目安として
運動をしていない人は体重1キロあたり 1g
フィットネスをしている人は体重1キロあたり 1.5g
スポーツ選手(激しい運動をしている)体重1キロあたり 2g
必要だと言われています。

しかし、たんぱく質を摂り過ぎてしまうのも脂肪を増やしてしまいますので、プロテインを摂取して体重が増えた場合は過剰に摂取しすぎているうたがいがありますので、摂取量を控えるか運動量を増やすようにしてください。

 

 

 

 

 

プロテイン置き換えダイエット