お問合せ専用フリーダイヤル平日/10時から16時
お問合せ専用フリーダイヤル0120-555-857
ご注文専用フリーダイヤル年中無休/9時から21時
ご注文専用フリーダイヤル0120-417-697

送料540円(一部地域除く) 6,000円以上送料無料

成長サプリメント LINEサプリメント相談室

プロテインを飲むタイミング

timming1

プロテインには大豆から作られた「大豆プロテイン(ソイプロテイン)」、牛乳から造られた「ホエイプロテイン」「ガゼインプロテイン」、卵から作られた「エッグプロテイン」などがあります。 基本的にはそれらすべてはもともとの材料の違いはあれど、「プロテイン」すなわち「たんぱく質」です。 プロテインの品質を考えるときの目安となるのは【アミノ酸スコア】とよばれるものです。もともとプロテインはアミノ酸が集まったもので、そのアミノ酸の構成を比較して栄養価を判定した数値のことをアミノ酸スコアと言います。 このスコアが100に近いものほど良質なたんぱく質になるのです。 このスコアがたんぱく質を摂取するときに一番の目安になるでしょう。

さて、そんなプロテインですが、ではなぜプロテインが良いのでしょうか。その理由は無駄なカロリーを取らずに、良質なタンパク質を摂取できるからです。効率的に「良質なタンパク質を摂取できる」という点において、他に勝るものはありません。さらに目的や用途に応じて飲むタイミングにお勧めがあります。 基本的には栄養補給として飲むのでしたら、いつでも大丈夫なんですが、目的意識をもってプロテインを飲むのでしたら、体作り、ダイエット、成長、栄養補給、どのような目的でたんぱく質を飲むか。タイミングも決めるとさらに上級者です。


目的別飲むタイミング

timming1

<運動後のリカバリーの為に>

運動をしたあとはきちんとリカバリーをしてあげなくてはいけません。 きちんとリカバリーが出来てこそ、次の運動パフォーマンスも挙げることができるのです。 リカバリーもトレーニングのうちです。タイミングよい時間帯にたんぱく質を補給することで、ケガを防止したりトレーニングの基礎力をさらに高めたりすることができるのです。そんなリカバリーを目的とするならば、運動が終わってすぐにプロテインを飲むことをオススメします。

<ダイエットに>

ダイエットをするときにこそ、気をつけたいのがたんぱく質(プロテイン)の摂取です。 食事の中でたんぱく質が多い食品はお肉やお魚。すなわちカロリーが高く脂質の多いものにたくさん含まれているのです。ですので、ダイエット中には控えたいと考えますよね。しかし、脂質は抑えてもたんぱく質を摂取しないと美しいダイエットはできません。
その場合には代わりにプロテインでたんぱく質を補給することをオススメします。特に大豆プロテインは美容の成分も含まれていますのでオススメですし、身体へ取り込まれる速度もゆったりとしているのもオススメのポイントです。 ちなみに、飲むタイミングでオススメなのは食事の前
食事の量を減らすために、まず大豆プロテインを飲んで空腹を満たしてから食事を減らしてあげてください。 もちろん、大豆プロテインを飲んだあとにいつもと同じ量の食事を取ってしまうと、オーバーカロリーになるのでお気をつけくださいね。

<たんぱく質補給に>

たんぱく質不足を指摘され際、たんぱく質は毎日の動作を行う上で必ず必要になってくる栄養素です。ですので毎日の基本量が足りていないと、どんどん足りないループが続いていってしまうのです。たんぱく質を純粋に補給することを考えるならばあまりタイミングは気にしなくても大丈夫です。
ただ、飲む量を増やすと補えるかと言えばそうではないので、毎日の摂取量は必ず意識してくださいね。飲むタイミングは特に気にしなくても大丈夫ですが、食前や食後に決めておくと忘れずに摂取することができますので、忘れないためにも自分でいつも同じ飲む時間を決めておくのもよいでしょう。

<成長のために>

成長の為にたんぱく質を摂取するのも大切なことです。
特に成長期のお子様で背の低い場合など親御さんも心配になるのでは?
そんな場合には直前でなくても大丈夫ですが、就寝前にプロテインを飲むことをオススメします。
就寝前にプロテインを摂取するのが良い理由は、成長ホルモンが影響しています。睡眠をしている間、人間の体には多くの成長ホルモンが分泌されています。
成長ホルモンとは、体の機能をコントロールする役割や筋肉量を増やす役目を担っています。成長ホルモンの特徴はたんぱく質によって促されるのです。
成長のための成長ホルモンが出るのは寝ている時です。
ですので、睡眠中に成長ホルモンの出るタイミングでたんぱく質を摂取するのはおすすめです。

timming2

からだに取り込まれるタイミング


そもそも、たんぱく質は体の中でアミノ酸に代わり、そして取り込まれていきます。そのため、アミノ酸そのものをサプリメントで摂取するよりゆっくりと取り込まれていきます。

ソイプロテインで約2時間後
ホエイプロテインで約1時間後


から身体に取り込まれるといわれています。ですので、その時間少し猶予があることを考えて、すぐに取り込みたいならばアミノ酸として補給するのもよいですし、ゆっくり取り込むことでプロテインの働きの恩恵を長時間得るというのもよい方法です。

プロテイン置き換えダイエット