お問合せ専用フリーダイヤル平日/10時から16時
お問合せ専用フリーダイヤル0120-555-857
ご注文専用フリーダイヤル年中無休/9時から21時
ご注文専用フリーダイヤル0120-417-697

送料540円(一部地域除く) 6,000円以上送料無料

成長サプリメント LINEサプリメント相談室

食物繊維とアレルギー

食物繊維とアレルギー

fiber_alg2「アレル物質」への過剰反応
以前に比べてアレル物質に過剰反応を起こす体質の人が増えているという報告があります。
アレル物質による過剰反応とは、身体の中に異物であるものが入ってきたときにそれらを排除しようとする反応のことです。
過剰反応を起こす「アレル物質」として、スギやヒノキ、ブタクサなどの植物、犬や猫などの動物、紫外線や金属、食べ物などがあります。
食べ物に含まれるアレル物質として有名なものに卵や牛乳、大豆、そば、落花生、甲殻類などがあります。
最近では飲食店や食品にアレル物質の表示がされているものも多く、それだけアレル物質による過剰反応が深刻になってきているのか分かります。

食事の欧米化
アレルギーと食物繊維 農耕民族である日本人はそもそも穀物や野菜、豆類、魚介類などを多く食べてきました。何世紀もの間、食物繊維を多く食べる生活を送ってきた日本人はその食生活にあわせて身体が進化したため、食物が口に入ってから身体の外に出されるまで時間がかかるといわれています。最近になって急速に変わった食の欧米化のせいで、食物が口に入ってから体の外に出すのに数日かかったり、スムーズに出せなかったりといった人も増えているようです。とくに女性の方が多く悩まされているそうです。 通常、食べ物は25~30時間で体の外に出されますが、それに時間がかかりすぎて体の中に「溜め込む」状態が続くと、通常からだの外に出されるはずの不要物質をそのまま体が再吸収してしまうそうです。その際に有害物質や「アレル物質」などを体が吸収して過剰反応を起こす原因になるとも言われています。

「溜め込まない」ために
アレルギーと食物繊維 健康な生活を送るために、普段からバランスの取れた食事と規則正しい生活を送ることが大切です。日本人が昔から良く食べていた旬の野菜と魚中心の和食は食物繊維も多くカロリーも低くとてもヘルシーな食事です。この「溜め込む」ことからくるアレル物質による過剰反応を避けるためにも食物繊維をたくさんとることをおすすめします。食物繊維はきくらげや干ししいたけなどのきのこ類や、小豆、大豆などの豆類、ひじき、モズク、のりなどの海藻類に多く含まれます。野菜ではごぼうやトウモロコシ、サツマイモなどの芋類、フルーツではりんごなどに多く含まれています。
——-
fiber_alg1水溶性食物繊維商品 最近になって急速に変わった食の欧米化のせいで、食物が口に入ってから体の外に出すのに数日かかったり、スムーズに出せなかったりといった人も増えているようです。とくに女性の方が多く悩まされているそうです。 通常、食べ物は25~30時間で体の外に出されますが、それに時間がかかりすぎて体の中に「溜め込む」状態が続くと、通常からだの外に出されるはずの不要物質をそのまま体が再吸収してしまうそうです。その際に有害物質や「アレル物質」などを体が吸収して過剰反応を起こす原因になるとも言われています。 食事はファーストフードや肉中心のものはさけ、食物繊維の多く含むものをバランスよく食べるように心がけましょう。食物繊維は干ししいたけなどのきのこ類、豆類や、豆製品、ひじきやモズクなどの海藻類、ごぼうなどの野菜、サツマイモなどのイモ類、フルーツに多く含まれています。
——-
アレルギーと食物繊維 それから、朝食はしっかりと食べることも重要です。朝食は、体の中の老廃物や不要な物質を体の外に出させるという重要な役割があります。そして、水分はこれを手助けしてくれるので、朝起きてコップ一杯の水をのむのもおすすめです。 そして、ウォーキングや水泳などは全身を使える運動なのでのでおすすめです。腹筋運動やストレッチなども良いといわれています。ウォーキングはいつでも簡単に始められるという点でもとてもおすすめな運動のひとつです。これらを毎日続けることによって快適な生活を送ることができるようになるといわれています。

商品購入はこちら
水溶性食物繊維

水溶性食物繊維

食物繊維は体の調子を整え、ダイエットにも欠かせない成分ですが、普段の食生活では何かと不足しがち。ヘルシーベストの「水溶性食物繊維」は、食物繊維の含有率が85%以上と高く、トップのリピート率を誇っています。

1,152円(税込)
プロテイン置き換えダイエット