お問合せ専用フリーダイヤル平日/10時から16時
お問合せ専用フリーダイヤル0120-555-857
ご注文専用フリーダイヤル 年中無休/9時から21時
ご注文専用フリーダイヤル0120-417-697

全品送料無料!北海道/沖縄/離島 対象外あり

送料込み金額

お電話のお問合せについて
お電話でのお問合せにはお時間をいただいております。
お急ぎの場合はメールにてご連絡ください。

成長サプリメント LINEサプリメント相談室 全品送料込み

食物繊維 年齢が上がって気になる方に

fiber_age2年齢とともに増えやすくなる脂質
食物繊維 年齢が上がって気になる方に 若いころは運動量も多く体がカロリーをよく燃やしてくれるので肉や卵を多く食べても平気だったのに、年齢とともに運動量が減り身体がカロリーを燃やせなくなってくると心配になるのが体の中の脂質の量です。 男性の場合30歳、女性の場合は45歳以上になると体の中の脂質の量が増えやすくなるといわれています。年齢とともに運動量が減るとカロリーが燃えにくくなり、女性の場合は45歳ころから体の中で作られるエストロゲンが作られる量が減るためといわれています。このエストロゲンは体の中の脂質の量をおさえるのを手助けしてくれるそうです。 体の中の脂質の量が多すぎる人たちは増える傾向にあり、30代以上の男女の約3割が脂質の量が多すぎるというデータがあります。
長続きできる運動
食物繊維 年齢が上がって気になる方に 体の中の脂質の量を減らすには有酸素運動がおすすめです。ところが、きつすぎたり長く続けられないような運動ならあまり意味がありません。ウォーキングや水泳、水中歩行、自転車こぎなど、マイペースで毎日長く続けられるものがおすすめです。例えば、ウォーキングの場合だと、時速5~6km、1日30分以上、週に20kmほどの距離で行うことをおすすめします。

食生活の欧米化
食物繊維 年齢が上がって気になる方に 食生活の欧米化もこの体の中の脂質の量を増やす原因とも言われています。日本人の食生活は米や魚、野菜などの和食中心だったのが、食の欧米化と共に、肉油料理、ファーストフードなどをたくさん食べるようになってきました。特に動物性の脂質は体の中の脂質の量を増やす傾向にあり、取りすぎに気をつけなければなりません。ところが、魚や植物性の油は体の中の脂質を減らすのを手助けするといわれています。他にも卵や魚の卵類、動物の肝類にも多くの脂質が含まれているといわれています。卵は1日1個までにするなど気をつけながら食べるようにしましょう。

fiber_age1食物繊維
食物繊維 年齢が上がって気になる方に 食物繊維はこの体の中にたまりやすい脂質を減らすのを手助けするといわれています。食物繊維には水溶性と不溶性の2種類があり、水溶性の食物繊維が多く含まれるのは、きくらげや干ししいたけなどのきのこ類、ひじきやモズクなどの海藻類、サツマイモなどのイモ類や、りんごなどのフルーツなどです。

不溶性の食物繊維は穀物、豆類、野菜などに多く含まれます。不溶性の食物繊維は水分をすって膨らむため食べ過ぎを避けるのにもつながります。

厚生労働省では1日に20~25gの食物繊維の摂取を勧めています。野菜で300g、果物で200g、いも類で100gを目安にすると良いそうです。

食物繊維のチカラ
食物繊維 年齢が上がって気になる方に 食物繊維は他にも、食事から摂取した老廃物や不要な物質を身体の外に出しやすくするのを手助けしてくれます。この「溜め込んでしまう」ということは、辛いだけでなく身体にも良くありません。通常食べ物は25~30時間で身体の外に出されますが、「溜め込んでしまう」状態が続くと、通常は身体の外に出されるはずのであった不要な物質を身体の中に吸収してしまうそうです。この中には有害物質なども含まれるため、なるべく「溜め込む」ことは避け、スムーズに身体の外に出するようにしたいものです。

友達紹介プログラム
LINE@お友達募集中
プロテイン置き換えダイエット

  • ヘルシーベストニンニク農園