お問合せ専用フリーダイヤル平日/10時から16時
お問合せ専用フリーダイヤル0120-555-857
ご注文専用フリーダイヤル年中無休/9時から21時
ご注文専用フリーダイヤル0120-417-697

送料540円(一部地域除く) 6,000円以上送料無料

成長サプリメント LINEサプリメント相談室

アルファGPCで学習環境を整える

gakusyukankyo

 

アルファGPCで学習環境を整える

2015_12_1アセチルコリンは脳内で神経細胞から神経細胞へと情報伝達する神経伝達物質の一種です。
アセチルコリンが少ないと情報伝達が上手く行われず、脳が活発に動きません。
アルファGPCはアセチルコリンの量を安定させて、脳の情報伝達をスムーズにして記憶力、集中力をサポートします。

 

学習能力アップのための環境づくり

運動—適度な運動は脳を活性化するということがわかっています。運動することで、脳に新しい神経回路が作られて活性化します。また、運動によってめぐりが良くなることで酸素やエネルギー源のブドウ糖も沢山運ばれて活性化されるわけです。

姿勢—悪い姿勢や、座ったままでは酸素が体全体に行き渡らず集中力がもちません。時間を決めてストレッチをしたり、歩きながら学習することで記憶力が増すことがあります。

ストレス—ストレスにより、ストレスホルモンのコルチゾールが出すぎると、記憶などの学習能力が抑制されます。
また、ストレスが溜まると悪循環でマイナス思考に陥ってしまい、より学習へのモチベーションが下がり集中力を妨げます。

睡眠—不規則な睡眠時間は学力の低下を招きます。睡眠不足による疲れで集中力や注意力が散漫になり記憶力も低下してしまいます。規則正しく毎日同じ時間に就寝することが学習能力向上のために有効です。

 

アタマとカラダの成長

2015_12_2身長が伸びる時間帯は、成長ホルモンの最も出る睡眠中です。
学習能力も同じく睡眠中に作られています。記憶の定着と消去の作業は睡眠中に行われています。
不要な記憶を消去して必要な容量を確保しているのです。
起きている時間にさらに能力を発揮するためには積極的に夜眠ることをおすすめします。

受験生やテスト前は勉強時間の長さで「めちゃくちゃ勉強している!勉強がはかどっている!」と勘違いしている場合がありませんか?
しかし、単に睡眠時間を削って勉強時間を増やすと,かえって記憶力や集中力が持たず非効率なのです。
勉強時間を減らして不安になるお子様もいるかもしれませんが、きっちり睡眠をとって効率的に勉強をすることは
成績アップにつながることがわかっています。

 

成長期の食事

思春期は必要なエネルギー量が最も高い時期です。エネルギーや栄養の偏りはアタマと体の成長を妨げてしまい
ます。バランスの良い食事を心がけ、特にたんぱく質、カルシウム、ビタミン、鉄の不足に注意しましょう。

 

食生活のポイント

食をしっかり摂りましょう
朝食をしっかりとることでアタマが働き、授業に集中できます。

色んなものを食べましょう
和洋中の色々な料理を取り入れて、バラエティーにとんだ献立
にしましょう。

良く噛んで食べましょう
咀嚼することで脳を活性化させます。また、運動機能や発
達にも影響することがわかっています。

間食は食事とのバランスを考えましょう
果物やナッツなど不足しやすい食品を心がけて、
スナック菓子や砂糖の摂り過ぎに気をつけましょう。

 

 

 

 

プロテイン置き換えダイエット