お問合せ専用フリーダイヤル平日/10時から16時
お問合せ専用フリーダイヤル0120-555-857
ご注文専用フリーダイヤル年中無休/9時から21時
ご注文専用フリーダイヤル0120-417-697

送料540円(一部地域除く) 6,000円以上送料無料

思春期のストレス

gpc1601

 

思春期のストレス

思春期は大人の階段をのぼりだし、将来のことを現実的に考え出す
時期です。将来の不安やあせり、親の期待からすべきことを頭ではわかっていても心が伴わずイライラしやすくなります。ずっとイライラした状態は、成長ホルモンの分泌を邪魔してしまいます。

 

休息をとりましょう

イライラの素となっていることを休みましょう。
例えば、勉強。塾や習い事、部活など休息時間を作ってあげましょう。

親が冷静になる

自分が思春期のころを思い出してください。
「勉強しなさい」「片付けなさい」「ダラダラしない」
親から話しかけられると余計にイライラしてしまう時期がありませんでしたか?
子供はイライラの理由がわかっています。タイミングを見計らって言うようにしましょう。

 

ストレスホルモンのコルチゾール

寝起きや人前でのスピーチなど緊張するとき、体はアドレナリン、コルチゾールというホルモンを、副腎から分泌します。
これらのホルモンは外敵に立ち向かうために、血糖値を上昇させ、エネルギーを燃焼し、簡単に言えば、体力と精神力をパワーアップする役割をしています。
コルチゾールは通常は、朝目覚める時に最も多く分泌され、休んでいた体を奮い立たせ、気持ちをすっきりさせ元気にしてくれる役割を果たします。
人体で分泌されるホルモンの全ては、生きるために必要なホルモンです。
コルチゾールを抑えれば、ストレスを感じなくなる、といった単純なものではなく少なすぎてもだめなのです。

 

寝起きや人前でのスピーチなど緊張するとき、体はアドレナリン、コルチゾールというホルモンを、副腎から分泌します。
これらのホルモンは外敵に立ち向かうために、血糖値を上昇させ、エネルギーを燃焼し、簡単に言えば、体力と精神力をパワーアップする役割をしています。
コルチゾールは通常は、朝目覚める時に最も多く分泌され、休んでいた体を奮い立たせ、気持ちをすっきりさせ元気にしてくれる役割を果たします。
人体で分泌されるホルモンの全ては、生きるために必要なホルモンです。
コルチゾールを抑えれば、ストレスを感じなくなる、といった単純なものではなく少なすぎてもだめなのです。

 

 

コルチゾールを減少させる食べ物

魚・・・シャケ、マグロ、イワシなどの魚には、オメガ3脂肪酸と呼ばれる、非常に健康に役立つ脂肪酸が含まれています。

オメガ3脂肪酸は、不安な気持ちを軽減し、気持ちを前向きにするというデータが出ています。
適度な脂肪酸は、コルチゾールの過剰分泌も防ぐとされています。

ビタミンC・・・ビタミンCを豊富に含んだ食品は、コルチゾールの分泌レベルを一定に抑えるとされています。

αGPC・・・ストレスホルモンをを抑えて成長ホルモンの生成をさらに助けてくれます。


普段からストレスを溜めない意識をするのは大切ですが、ストレスはコントロールできません。
普段の食事に気を使い、リラックできる環境を作っておくのは大切です。