お問合せ専用フリーダイヤル平日/10時から16時
お問合せ専用フリーダイヤル0120-555-857
ご注文専用フリーダイヤル年中無休/9時から21時
ご注文専用フリーダイヤル0120-417-697

送料540円(一部地域除く) 6,000円以上送料無料

腸と免疫

junge wirft basketball

 

腸と免疫

私たちの体の中に流れる血液の成分のひとつに「白血球」があります。
この白血球は免疫細胞と呼ばれる外部から侵入してきたウィルスなどの異物から私たちを守ってくれる細胞の主体です。免疫細胞には色々なものがあり、それぞれ役割を持っています。これらの細胞の働きを免疫力と呼びます。

この細胞は体の中から生まれる異常(がん細胞など)からも守ってくれます。毎日3,000から5,000個位の新しいがん細胞が体の中にできますが異常なものとして癌細胞を攻撃し消滅させます。しかし免疫機能が落ちてしまうとそれをすり抜けて生き残ったがん細胞が大きくなり、命の危険性が。

 

免疫細胞の7割が腸に

c2015_12_01実はこの免疫細胞の約70%が腸に存在しています。
外界と接する最大の免疫器官である腸に集中しているのです。私たちの体は口から腸へと続くトンネルのような構造になっています。腸には口を通じて体に入る食べ物の他にも細菌やウィルスなどの病原体が入ってきます。そうしたものを食い止めるにも腸の大切な役割なのです。つまり腸は体の中にあるにも関わらず外からの病原体の侵入を食い止めてくれる最大の免疫器官なのです。そこで活躍するのが免疫細胞。免疫細胞が腸内に待機し侵入してくる敵と戦っています。だからこそ腸の免疫を活性化することが免疫力を高めるポイントです。

免疫細胞はその力をつけるためずっとトレーニングをしています。そしてそのトレーニング相手は腸内細菌。

免疫細胞はとてもたくさんの種類があります。腸内細菌の種類や数を増やしていろいろな腸内細菌の攻撃に対処するトレーニングを行っていくことが免疫細胞がどんどん活性化することにつながるのです。

 

腸内細菌を増やすにはどうしたらいいの?

1腸内細菌の餌となるオリゴ糖や食物繊維を多く摂取する

2ビフィズス菌などの入った乳酸菌飲料を飲む

3漬物、ヨーグルトチーズなどの乳酸菌が入った醗酵食品を食べる。

4潔癖になりすぎない。土壌菌いわゆる土の中に存在する微生物などで腸内細菌が増えると言われています