お問合せ専用フリーダイヤル平日/10時から16時
お問合せ専用フリーダイヤル0120-555-857
ご注文専用フリーダイヤル年中無休/9時から21時
ご注文専用フリーダイヤル0120-417-697

送料540円(一部地域除く) 6,000円以上送料無料

寝る子は育つ

junge wirft basketball

 

寝る子は育つ
「寝る子は育つ」という言葉がある通り成長ホルモンは睡眠中に最も多く出ています。特に寝入ってからの2時間半に成長ホルモンが多く出ると言われています。途中で起きてしまうと出る量が減ってしまうので眠りの浅いタイプの人は注意しましょう。これは昼寝タイムでも同じことがいえます。

2015_8

寝苦しい夏を乗り切る快眠の準備は?

夏に寝苦しい理由はジメッとした湿度。除湿をするだけで眠りやすくなります。
夏の快眠をさそう最適な部屋の温度は25~27℃と言われています。
眠る前にエアコンの温度を25~27℃に設定して眠った後2時間程度で切
れるようにタイマーを設定しておきましょう。

成長ホルモンとは
子供の健やかな成長に欠かせないもの。それは順調な発育をサポートする「成長ホルモン」です。成長ホルモンはその名の通り身体の成長や生命活動を支える重要な物質で「身長の伸び率」に関わる役目を持っています。そのほか糖質や脂質の細分化、タンパク質の同化など幅広い役割を担っています。
成長ホルモンの出る量は青年期までにピークを迎え歳をとるにつれて、次第に出る量が少なくなっていきます。
一般的に60歳以上では2~3割程度の量しか出ないと言われています。こんなときに役立つのが、成長ホルモンの出る量に関わる「アルギニン」です。
アルギニンは成長ホルモンの出る量を増やすたった一つのアミノ酸としても知られています。

「親の身長が低いから子供も低めなのかも知れない」とあきらめてしまう方も少なくないようですが、実は遺伝による低身長は全体の2~3割程度だといわれています。残りの7~8割は遺伝以外に原因があるため子供の成長を外からしっかりサポートすることができます。2015_8_2

 

「身長の伸び率」に関わる「アルギニン」は成長ホルモンをスムーズに出す為に欠かせないアミノ酸です。
人間のからだのなかでも作られる安全なアミノ酸ですが子供のうちは十分な生成が出来ないため食べ物から摂取が必要です。つまり。成長期というアルギニンが一番必要な時期にこそ食べ物から摂取しなくてはならないのです。

「必須アミノ酸」の一つでもある「アルギニン」は良質なタンパク質に含まれていますが、必要十分を満たす量をとり続けるのはなかなか難しいものです。毎日の食事で不足を感じたときは、サプリメントも活用してみましょう。
ただし理想の身長に近づけるためにはアルギニンの摂取の他にも規則正しい生活が欠かせません。不摂生などが原因で成長がとまってしまうのです。
成長期に十分な成長ホルモンを出す為にも出来るだけ早い段階から規則正しい生活とアルギニンの摂取を始めましょう。

 

「強アルカリ性のあるギニンをそれだけで飲むのはNGですか?」

社内で200mlの水にアルギニンを小さじ1杯
(3g)入れてPHを測定したところ計測数値は10.83でした。
コンニャクのPHは11~12コンニャクよりもアルギニンの方がアルカリ性が弱いと言うことになります。コンニャクはアルカリ性の強い水酸化ナトリウムで固められているため、PHがアルギニンより高いそうです。