お問合せ専用フリーダイヤル平日/10時から16時
お問合せ専用フリーダイヤル0120-555-857
ご注文専用フリーダイヤル年中無休/9時から21時
ご注文専用フリーダイヤル0120-417-697

送料540円(一部地域除く) 6,000円以上送料無料

身長のウソとホント

junge wirft basketball

 

足の大きさと身長は比例する?

arg2016_7足のサイズが大きい子どもは「背が大きくなる~」と言われています。


骨の成長スピードは、各部位でそれぞれ違い、だいたいが手足の骨から成長し、最後に胴体が成長していきます。


どの骨もバランスよく伸びていくので足のサイズが大きければそれに見合った身長になりますが、中には足のサイズは大きくても身長は低いという人もいます。足の大きさと身長の関係は医学的にも証明されていません。しかし、大抵はバランスよく伸びますのである程度は予測できるかもしれませんね。

 

医学的に証明されていません。

 

 

 

長時間寝る子は大きくなる?

arg2016_71寝る子は育つという言葉がある通り、成長ホルモンは睡眠中に最も多く出ています。特に寝入ってからの2時間半に成長ホルモンが多く出るといわれています。

途中で起きてしまうと出る量が減ってしまうので眠りの浅いタイプの人は注意しましょう。

これは昼寝タイムでも同じことがいえます。また、横になることでリラックスし重力の負担から解放されると言う意味でも、睡眠は身長を伸ばすのにとても重要なのです。

 

寝る子は育つは間違いない。

 

 

 

身体に筋肉を付けすぎたら伸びなくなる?

arg2016_72スポーツで小さい頃から身体を鍛えている子どもはいます。

適度な運動、瞬発力や持久力を養うための弱~中程度の負荷で行う筋トレの場合は逆に成長ホルモンを出しやすくするため良しとされていますが、筋肉を大きくすることに特化した過度に負荷をかける筋トレは、骨や関節に負担をかけてしまいます。

うさぎ跳びやウェイトを用いたジャンプ動作を伴うトレーニング、長時間にわたる縄跳びは成長期には避けたいトレーニング例になります。

 

筋肉ではなくトレーニングの方法が身長を伸ばす邪魔をする。

 

 

牛乳を飲むと背が伸びる?

arg2016_74牛乳をたくさん飲むと背が大きくなるというイメージを持つ人は多くいます。


牛乳には、カルシウムが含まれているため身長を伸ばすとされていましたが、カルシウムだけでは身長は伸びません。


子どもの背は骨が縦方向にぐんぐん伸びることで高くなります。
どうように伸びるかというと、主に成長ホルモンが骨端線に働きかけ骨の本体となるコラーゲンができます。
そのコラーゲン繊維のなかにカルシウムやリン、マグネシウムなどが吸着して骨を硬く丈夫にしていくのです。
arg2016_73カルシウムが豊富だから牛乳は良し!という意見もありますが、日本人の体質には不向きだと言われることもあります。

また、飲み過ぎるとカロリーオーバーになって太ってしまうため、伸びはかえって悪くなってしまいますので、飲み過ぎには注意しましょう。

 

牛乳だけでは背は伸びません。

 

 

 

正座をすると背がのびない?

arg2016_75日本のライフスタイルは、正座から椅子のスタイルへ変化しています。

昔に比べ栄養も充実してきたこともあり、平均身長も高くなっています。

実際、長い時間正座をすると足の骨に圧力がかかることになり、成長期に骨が伸びようとする力を妨げてしまう可能性があります。
また、足の血管も圧迫されるため、必要な栄養が骨端線まで届きにくくなります。最近の子どもは座高が低く足が長くなっているのは、正座をしなくなった事で足の伸びがよくなったことも一因を言えるでしょう。

 

成長期の正座はやめたほうがいい。